2019年02月26日(火)

三遊亭鬼丸 シニア応援講演会&第17回清水かつら記念
日本歌曲歌唱コンクール受賞者によるcocoroほっこり音楽会を開催しました

春の訪れを感じる日が多くなってきた、2月22日(金) サンアゼリア大ホールで、
和光市民文化センターサンアゼリア開館25周年記念事業「三遊亭鬼丸 シニア応援講演会&
第17回 清水かつら記念 日本歌曲歌唱コンクール受賞者による cocoroほっこり音楽会」を開催しました。

cocoroほっこり音楽会』は、当公社と和光市の主催で開催している「清水かつら記念 日本歌曲 歌唱コンクール」の上位受賞者による演奏会です。
去る8月に開催された
第17回目のコンクール
において、第1位となった村上初美さん(ソプラノ)と第3位の遠藤美和さん(ソプラノ)による演奏をお届けしました。

和光市ゆかりの童謡詩人 清水かつらの代表曲
である「みどりのそよ風」や「叱られて」をはじめ、
「はなやぐ朝」、「すてきな春に」など、
幅広い
日本の歌による
ミニ音楽会で心をほっこりしていただきました。





その後、三遊亭鬼丸師匠による
『シニアの活躍について』をテーマにした講演、そして落語をお楽しみいただきました。
FM NACK5 GOGOMONZ(ゴゴモンズ)のパーソナリティとしても活躍中の人気落語家 三遊亭鬼丸師匠による、
埼玉県の「シニア応援大使」就任1周年を記念して行われた講演会は、終始笑いの絶えない時間となりました。

楽しい講演の中にも心に刺さるメッセージが随所にありました。
何かを始めるのに遅すぎることはない」、「固定概念で物事を考える必要性はない」、
「誰にでも平等に時間はある、いくつになっても好奇心をもって、やりたいことを自分で決めてやってほしい!」など
生き生きと納得できる毎日を送れるようにとの応援メッセージが届けられました。




講演会の後には、鬼丸師匠が落語を披露。
扇子と手ぬぐいを使った見事な芸で観客を落語の世界に引き込んでいました。

また、ホワイエにはこの日から、和光市コミュニティ協議会さんが製作した「つるし雛」の展示もスタート!
そして、「駅前商店ひまわり」さんが出店し、和光産野菜を中心とした販売も。菜の花など春野菜と合わせてホワイエから「春」を感じました。




[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.