2017年11月21日(火)

オペラ『トゥーランドット』稽古場見学会を開催しました!

12月23日(土)、24日(日)にサンアゼリア大ホールで本番を迎えるオペラ『トゥーランドット』

その練習を生で体験することの出来る、稽古場見学会を実施しました。

お客さまが間近で見る中での稽古は、演出家はじめ出演者の方々にも良い緊張感が生まれます。
演出家の直井氏のもと、白熱の稽古が展開されました。

『トゥーランドット』は、イタリアの作曲家プッチーニの最後のオペラであり、最高傑作と言われるものです。
古代中国の北京を舞台とする美しくも冷酷なトゥーランドット姫を巡る物語で3幕物の歌劇です。
誰もが一度は耳にしたことがある「誰も寝てはならぬ Nessun Dorma(ネッスン・ドルマ)」は、
第3幕で登場するアリアで、フィギアスケートなどでも使用されている有名な曲です。

今回の稽古場見学会では、トゥーランドット役の鈴木慶江さん(23日出演)・
リュー役の登川直穂子さん(24日出演)・ティムール役の佐藤泰弘さん(24日出演)らが迫真の演技を披露。
また、ポン役の布施雅也さん(24日出演)が登場して会場を沸かせました。
ちなみに布施さんは和光市出身のアーティストです。


次回の稽古場見学会は以下になります。

和光市民文化センター サンアゼリア 大ホール
11月23日(木・祝)14時から16時まで(予定)
入場無料/予約不要

本番の会場となる、同ホールにて開催致します。
この機会にオペラに触れてみませんか? 皆様のご来場をお待ちしております。

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.