2017年05月08日(月)

WAKOマリンバクラブ マリンバワークショップ&成果発表コンサートを行いました

公益財団法人和光市文化振興公社主催により平成26年2月に実施されたワークショップから発足し、
毎年活動を行っている「WAKOマリンバクラブ」のワークショップと成果発表のコンサートを行いました。

このワークショップ事業は、講師に藤井むつ子先生、森本志歩先生、蓮實志帆先生をお迎えし、
ワークショップ参加者は、和光市をはじめとする地域の子どもたちが中心です。

楽器の貸与などの協力を株式会社全音楽譜出版社と株式会社こおろぎ社からいただいており、
子どもゆめ基金から助成を受けて実施しています。

今年は総勢29名が参加され、4月29日(土)・30日(日)の二日間ワークショップを行いました。
そのワークショップの成果発表として、
5月7日(日)の「打楽器の祭典in和光 フェスティバルコンサート」のトップを飾り、
『子象の行進』、『エーデルワイス』、『エル・クンバンチェロ』の3曲を演奏。

演奏にはワークショップ参加者の保護者「パパーズ&ママーズ応援合奏団」、
株式会社全音楽譜出版社の皆様による「THEハードスケジューラーズ」、
日本打楽器協会理事長の百瀬和紀氏、
そして昨年に引き続き、松本武洋和光市長にも奏者として出演いただきました。

公演は大いに盛り上がり、観客の方々も子どもたちの活気ある演奏を楽しんでいました。

ワークショップ参加者からは、「みんなとできてうれしかった」「またマリンバをやりたい」という声や、
「マリンバのことを改めて知ることが出来良かった」「本当に楽しかった」
「分かりやすく教えてくれたので嬉しかった」など、多くの声をいただきました。


※公演の様子は、5月9日(火)18:00~(22:00より再放送)のJcomデイリーニュース(練馬・新座・和光)内で放送予定です。

 

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.