2024年06月10日(月)

アウトリーチ事業「おんがくのたね♪」in和光市立第三小学校

6月4日(火)和光市立第三小学校にて、
喜名雅さん(チューバ)、中川賢一さん(ピアノ)の構成で「おんがくのたね♪」を実施しました!

オープニングは、喜名さんと中川さんによる「魔王」でスタート✨

中川さんによるピアノ紹介では、
カメラやアクションモデルを使ってピアノの細部まで観察します。
オルゴールを使った実験では、響板にオルゴールを置いた瞬間、
それまで小さかったオルゴールの音が途端に大きくなり、子どもたちはびっくり!
響板の重要性について学ぶことできました🎹

ドビュッシーの「月の光」では、なんと部屋を暗くし、目を閉じて、寝ながら鑑賞しました。
普段学校では「月の光」のチェロバージョンを下校時の曲として放送しているそうです。
ゆったりとした特別な空間で聴くことができました♪

後半は喜名さんによるチューバの紹介!
チューバは大きいもので管の長さが5.4mにもなります。
そこで登場したのが、チューバの管と同じ長さの長~いホース!
ホースの両端にはマウスピースとラッパに見立てた漏斗(ジョウゴ)がついています。

ホースを教室の端から端まで伸ばし、喜名さんが息を入れると……
「ブォ~ン!!」と凄まじい音が鳴り、子どもたちは大喜び!
更に、ホースを触って音の振動を体験することできました。

チューバソロの曲では、フラッター(巻き舌をしながら音を出す手法)やタンギングなどの技巧を使い、迫力のある演奏を披露!

最後は「翼をください」を喜名さん・中川さんの演奏と子どもたちの歌唱で共演🎵
チューバとピアノの音に負けないくらいの歌声で、生き生きとした子どもたちの姿が印象的でした!

次回の「おんがくのたね♪」もお楽しみに!!

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.