2019年08月15日(木)

誰でもコンサート Go for 2020 ~Over The Border~ を開催しました!

7月とはうってかわって、連日の猛暑が続く8月10日(土)、
サンアゼリア大ホールにて、「誰でもコンサート Go for 2020 ~Over The Border~」を開催しました!

この公演は、相互理解やコミュニケーションを深めるきっかけづくりのため、
「誰でもコンサート」という公演名にもあるように、
『障がい者や高齢者、未就学児など、様々な方々がその垣根を越えて、一緒に音楽を聴く時間を共有しましょう』
という目的で開催致しました。

公演のオープニングアクトは、和光市内にある放課後等デイサービス『白子ほのぼの』から。
放課後等デイサービスは、障がいのある就学児向けの学童保育のようなものです。
そこで発達支援として生活の自立に向けた様々なことを体験し、
学んでいる児童を中心に結成された合唱団「白子ほのぼの合唱団」が登場!
元気な歌声でコンサートの幕開けを盛り上げてくれました!

本編では、森本志歩さん(マリンバ)、八谷晃生さん(ピアノ)、石川勇人さん(パーカッション)による
楽しい”音”のコンサートをお届けしました♪

クラシックからアニメの名曲まで。
誰もが知っている曲に、唄を口ずさんだり、
手拍子をしたりとみんな思い思いに”音”シャワーを浴びて楽しんでいました。

出演者のパーカッションにちなんで、手拍子による参加コーナーも。
3つのパートに分かれて、異なるリズムを刻む手拍子から生まれたハーモニーに、
途中からピアノ伴奏が加わると、名曲もいつもと違った雰囲気のものに。

最後は、奏者の超絶技巧による演奏で、会場は大盛り上がりでした。
聴くだけではなく、参加して出演者と一緒に作り上げるコンサートは楽しい時間となりました。

今後も和光市文化振興公社では、障がいの有無にかかわらず、
誰でもが自分らしさを大切にしながら、互いに思いやれる居場所づくりを行うこのような公演に
取り組んで参りますので、皆様もぜひご参加いただけたらと思います。

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.