2019年07月03日(水)

清水かつら記念 童謡フェスティバル
みんなでつくるコンサート を開催しました!

6月29日(土)に、清水かつら記念 童謡フェスティバル
みんなでつくるコンサート を開催しました!

当日の空は雨模様ではありましたが、雨雲を振り払うかのように大ホールは開場前から多くのお客様で賑わいました。
「清水かつら記念 童謡フェスティバル」はその名のとおり、
和光市ゆかりの童謡詩人 清水かつらの顕彰を目的として始まったコンサートです。
今回のコンサートでは、大ホールホワイエには、昨年に引き続き「和光白子文化の会」による展示も行われました。
児童雑誌『赤い鳥』に続いて創刊され、大正期児童文学の興隆に寄与した『金の船』が公開されました。

コンサートのオープニングアクトでは和光市内の音楽教室「みるきいらんど音楽教室」が
中心となって結成された「みるきいらんど音楽隊」が出演!
なんと総勢100名の出演者による歌とダンス、その元気で可愛らしい演奏で会場はにこやかな雰囲気に包まれました。

そしていよいよ歌のおねえさんたちが登場!
今回は歌手の渡辺かおりさん、雨宮知子さん、ピアニストの貞光裕美子さんをお迎えし、
今の季節にふさわしい童謡や、清水かつら作詩の童謡の数々をお届けしました。

おねえさんたちによる動物シルエットのクイズでは、たくさんの子どもたちから声があがり、会場は大盛り上がり!
手遊びやおねえさんたちの美しい歌声によるハーモニーで、終始笑顔があふれるコンサートになりました。

コンサートを通じて、童謡の素晴らしさ、そして、清水かつらの功績を改めて感じて頂ければ幸いです。
ご来場いただいた皆様、市民ボランティアの皆様、一緒にコンサートを作り上げてくださり、本当にありがとうございました!

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.