2019年06月13日(木)

アウトリーチ事業「おんがくのたね♪」in和光市立下新倉小学校

6月7日(金)、和光市立下新倉小学校にて、
村上初美さん(ソプラノ)、吉野真紀子さん(アルト)、鶴治美さん(ピアノ)を迎え
今年度の和光市内学校音楽アウトリーチ事業「おんがくのたね♪」がスタートしました!
 
出演者の一人である村上初美さんは、昨年サンアゼリアで開催した
「第17回 清水かつら記念 日本歌曲 歌唱コンクール」で第1位に輝いた声楽家です。

まずは「世界の歌巡り」から。
児童たちへの質問を交えつつ、その国の言葉で各国の歌を歌います。
中国、トルコ、イギリス……数々の国を巡り、最後は日本へ。
ソプラノ、アルト美しいハーモニーに、みんなうっとりと聴き入っていました。
耳馴染みのある曲も多くあり、途中では一緒に歌ったり、手拍子や足踏みで演奏に参加。
歌で楽しく世界旅行をしました!

「おんがくのたね♪」では、通常のコンサートとは異なり、
奏者の息づかいや熱のある演奏を間近で感じることが出来ます。
また、奏者から色々な話を聞くことも出来ます。
「ソロとデュエットの違いは?」、「楽器なしで歌うことをなんという?」など、
歌に関する知識をたくさん吸収してくれた様子でした。

映画「サウンド・オブ・ミュージック」より「ドレミの歌」では、パートに分かれて歌います。
ホワイトボードで「ドレミ」を指しつつそれぞれのパートが元気いっぱいに歌声を響かせました。

楽しい時間はあっという間に過ぎていき、最後には同小学校の「今月の歌」を全員で歌いました。
音楽をとおしてとても素敵な時間を過ごすことができました!

この日は演奏者のみなさんと一緒に給食を食べる「給食交流」も実施。
給食を食べつつさらに仲良くなれたようで、教室は笑い声に包まれていました。

今年度の「おんがくのたね♪」は、始まったばかりです。
次回も楽しみにお待ちください!
 
 

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.