2018年10月17日(水)

埼玉WABISABI大祭典2018 in 大宮公園に参加しました!

2018年10月13日(土)、14日(日)に埼玉県大宮公園で開催された「埼玉WABISABI大祭典2018」参加しました!

埼玉WABISABI大祭典は、埼玉県の「和」文化を一堂に集めた屋外型のフェスティバル。
各分野で世界的に活躍するアーティストのパフォーマンスや体験コーナーなど、たくさんの企画が目白押し。
大宮公園はたくさんの人で賑わっていました。

和光市ブースでは「童謡のまち 和光」をテーマに出展。
蓄音機で和光市ゆかりの童謡詩人 清水かつらの童謡を当時のレコードで流すとともに、
清水かつら関連楽譜の販売、清水かつらや童謡の歴史がわかるパネルを展示しました。
(蓄音機の実演は、和光白子文化の会さんのご協力です)
また、市内のカフェクローバーさんが〝手作り羊羹〟を販売し、ブースの「和」の雰囲気を一層盛り上げました。

特に蓄音機は、「初めて見た、聴いた!」という方から、「懐かしい!」という方まで、
多くの方に足を止めていただき、その音色に耳をすませたり、一緒に写真撮影も!
保育園で歌った童謡のことや、ご自宅にあった蓄音機のことなど、様々な思い出が甦った様子でした。

14日(日)は会場内のグリーンステージで「わこうっこ児童合唱団」による童謡の合唱で出演。
「雀の学校」、「叱られて」など、清水かつら作詞の童謡を10曲ほど歌い、ステージを盛り上げました。
フィナーレの「靴が鳴る」では、ステージを観に集まったお客さん達と一緒に大合唱♪
「童謡のまち 和光」の魅力をたっぷりとお届けしました!

サンアゼリアでは、今後もコンサートや体験型の催しを通して、和光市の魅力を発信していきます!
次はぜひ、サンアゼリアのホールでお会いしましょう♪

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.