2018年09月04日(火)

サンアゼリア寄席 一の噺 を開催しました!

まさに残暑という蒸し暑い一日となった8月30日(木)、
和光市民文化センター サンアゼリア 小ホールにて「サンアゼリア寄席 一の噺」を開催しました!


春風亭一之輔 師匠は、落語界でも年間で寄席やホール落語など1番多くの高座に上がる噺家さんですが、
なんと今回が、和光市民文化センターサンアゼリア 初登場!
そして、一之輔師匠の人気を象徴するように、チケットも7月中旬に早々と完売御礼!

ホール落語の場合、高座の高さが噺家さんにとっては重要となります。
満席となった今回の口演では、一之輔師匠の発案で高座を通常より高くして
後ろの席の方も楽しめる高さにしました。その分、最前列は通常よりも首の角度が・・・。
しかし、それをも笑いのネタに変えてしまう一之輔師匠のキレの良さ!さすがです。

口演は、まず、春風亭与いち(前座)による「たらちね」から。
妻をもらった八五郎と彼女のやり取りに終始笑いが耐えない時間となりました。

そして、待ちに待った一之輔師匠登場です!
その卓越した話芸で、枕からお客さまの心を鷲掴み!
演目は当日のお楽しみとした今回の口演。
一之輔師匠が高座に上がって選んだ演目は「鰻の幇間」と「唐茄子屋政談」。
絶妙な間合いと豊かな表現力による落語は、あっという間の2時間でした。


また、和光市ブランドに認定の”だしパック”を販売している
「かつをぶし池田屋」さんがホワイエに仲入りまで出店!
10月12日(金)14時開演の「サンアゼリア寄席 燦々笑時(さんさんショータイム)」にも同店が出店します。
数量限定の事前販売で昼食券を絶賛販売中です。
気になる内容は「かつをぶし池田屋」さんの”おみそ汁”と「十条 蒲田屋」さんの”おにぎり2個”のセットです。
落語の前にゆっくりとお召し上がりいただけるよう、
特別に大ホールのホワイエにテーブルをご用意してお待ちしています。

一の噺 口演では、完売御礼を記念して来場者に大入袋をお渡ししました!
中には「サンアゼリア寄席」口演にご利用いただける割引券が♪ ぜひ、ご利用ください!


和光市民文化センターサンアゼリアでは、これからも落語を気軽に
そしていろいろな楽しみ方が出来る「サンアゼリア寄席」として定期的に開催していきます!

現在、年明けの開催分に向けて、新作、創作落語で勢いのあるあの噺家と
歌舞伎役者の風貌で洒脱な話芸のあの噺家で鋭意企画中です!
決定次第ホームページなどでご案内しますので、どうぞお楽しみに!

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.