2018年05月25日(金)

マチナカコンサートin壹鑑寺を開催しました

2018年5月19日(土)曹洞宗 壹鑑寺(和光市下新倉4-19-45) でマチナカコンサートを開催しました!

今回のマチナカコンサートは、和光市民文化センターサンアゼリアの展示棟で同時開催していた
サンアゼリア開館25周年記念事業・国際交流事業
Fragment of the world cultureろうけつ染め作品展
『伊澤正男×永原リタ』とのコラボ事業です。

ろうけつ染め作家の伊澤正男さんが3年の歳月をかけて、
壹鑑寺の客殿に四季をテーマとして
襖絵を作成したことがきっかけで、『四季』の間をお借りして開催しました!



コンサートに向け、催し物案内、広報わこうやホームページを含めたSNS、そしてDMなどの宣伝で
イベント案内などをしましたが、予約不要のコンサートに何名がご来場いただけるか期待と不安の中で当日を迎えました。

事前の天気予報は雨…、前日には晴れ予報に変わりましたが、昼前に天気雨が和光市周辺で局地的に降りました。
しかし、この一時的な雨のお陰で
壹鑑寺入口前のさつきや植木などが一層新緑を増し、
素敵な日本庭園とともに開場の時を迎え多くのご来場者をお迎えすることが出来ましました。


国際交流事業として、和光市を含めた国際交流協会などのバスツアーで50名ほどのご案内に加え、
近隣等から約130名がご来場いただき、会場には約180名の皆様で超満員となりました。


壹鑑寺に初めてお越しされたお客様が多く、
まずは、住職による壹鑑寺と『四季』の間についての説明をいただきました。
マチナカコンサートを通して、和光市にある素晴らしい文化を多くの皆様に知っていただくことが出来、
当公社としても非常に嬉しい催しとなりました。

また、永原リタさんの出身地のフィンランドを含めて、ドイツや東南アジアからの来場者もあり、
微力ながら和光市から日本の素晴らしい文化を世界に発信することができました。

コンサートは、和光市出身のフルート奏者 長谷見 誠さんと、ピアニスト 漆間有紀さんによる
「四季」の間にふさわしい、日本の四季を感じる名曲から本格的なクラシックまでの多彩なプログラム。で
お届けし、最後にはアンコールを2曲お届けするほど、奏者とお客様も大盛り上りでした♪


和光市文化振興公社では「マチナカコンサート」と題して、市民の方々に身近に音楽・芸術を体験していただくために
出張コンサートの実施と和光市にたくさんある素晴らしい文化を紹介したいと考えています。
また次回のコンサートも催し物案内やホームページなどで事前にお知らせしますので、お楽しみに☆
そして会場でお会いできることを、楽しみにしております!


[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.