2016年09月02日(金)

十文字学園女子大学との相互協力協定を締結しました

2016年9月1日に、十文字学園女子大学との相互協力協定を締結しました。

和光市文化振興公社では、和光市民文化センターサンアゼリアの指定管理者として、
和光市文化振興基本方針に則り、市と市民、地域の文化団体等をつなぐ役割を果たすため、
文化振興事業(ホールを活用、学校や施設へのアウトリーチなど)を積極的に進めてきました。
これにより、文化の発信基地として文化に関する多様な情報の収集や発信を行っています。

また、十文字学園女子大学では、新たに地域連携推進機構が設置され、
学生の地域連携活動やボランティア活動が積極的行われ
学生も教職員も「地域にプラスになる人」としての活動も行っております。

このような事から、地域に貢献することや文化の発信など共通する目的があり、
それぞれが有している資源を有効活用する事業を展開することで、広義の地域づくりや、
人材育成が出来るメリットがあると思われることから、この協定を締結させていただきました。

この日の調印式では、当公社の原田政雄理事長と十文字学園女子大学の横須賀薫学長が
協定書にサイン。松本武洋和光市長にもご臨席いただき、無事に執り行われました。



松本和光市長(中央)を挟んで、原田理事長(左)と横須賀学長(右)。
わこうっちとプラスちゃんも応援に駆けつけてくれました。








友好を深めた、わこうっちとプラスちゃん。

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.