2013年10月21日(月)

サンアゼリアフィルハーモニカ創立記念コンサートが開催されました♪

当館のレジデンスオーケストラであるサンアゼリアフィルハーモニカが創立され、
10月12日(土)に創立記念コンサートが華々しくサンアゼリア大ホールにて開催されました。

季節外れの真夏日を記録したこの日、サンアゼリア大ホール前には同時開催イベント
「ロールス・ロイス&ベントレー オーナーズクラブ」の車両がズラリと鎮座し、
コンサートの高級感と重厚感を醸し出してくれていました。
また、車と一緒に記念撮影をされる方々もたくさんおり、
和やかな雰囲気の中で開場を迎えることができました。

開場後、ロビーではマリンバ・ミニコンサートが開かれました。
ロビーをやさしく包み込む、美しいマリンバの音色がお客様をお迎えし、
これから始まるコンサートへの期待感がいやがおうにも盛り上がります。
そして15時00分、マエストロ広上淳一の指揮により、
高らかにその産声を上げたサンアゼリアフィルハーモニカ。
その響きは誕生と共に完成の域に達していると言っても過言ではありませんでした。

また、10月5日に陸前高田市へ贈られた、当館館長の藤田崇文作曲「奇跡の一本松」の
シンフォニックバージョンもこの日、初披露されました。
約2時間の公演で下記の全8曲を演奏、ご来場くださったお客様方からは大絶賛をいただきました。

第1部
・弦楽のための三楽章 芥川也寸志
・交響詩「奇跡の一本松」 藤田崇文
・ギターとオーケストラのための「4つの心象の詩」 和田薫
第2部
・恋は魔術師より「火祭りの踊り」 マヌエル・デ・ファリャ
・亡き王女のパヴァーヌ モーリス・ラヴェル
・交響曲第29番 イ長調 モーツァルト
アンコール
・管弦楽のためのラプソディ 外山雄三
・童謡詩劇うずら より「ながれ」 和田薫

次回のサンアゼリアフィルハーモニカ出演事業
・12/7(土)−8(日) 童謡詩劇うずら 【サンアゼリア大ホール】


この度、ご来場くださいました皆様には誠にありがとうございました。
これからのサンアゼリアフィルハーモニカの活動にどうぞご注目ください!

コンサートの模様の朝日新聞記事
202.218.150.141/saitama/news.php








[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.